小売・流通

ユニファイドコマースを徹底解説!用語・オムニチャネルとの違い・事例のご紹介

少子高齢化に伴う人口減少や、オーバーストア(小売店などの商業施設が商圏の需要より過剰出店している状態)が各地で起こっています。もはや単純な売り方では通用せず、マーケティングの重要度が上がっています。

特に、小売業、販売業では、実店舗で実施する従来通りのマーケティングと同時に、ECサイトによる商品販売や、SNSでの集客等を行うwebマーケティングは欠かせないものとなりました。その中で、顧客一人ひとりに寄り添い、企業側から適切な提案やアプローチをしていく「ユニファイドコマース」が注目されています。

続きを読む

【25社調査】リテール業界向けCRMツールと採用事例

コロナ禍で従来の訪問型営業の機会は減少し、より質の高い営業アプローチが求められています。そこで注目を集めているのが「CRM」。

いち早く導入を進めていた企業は「ムリ・ムダ・ムラ」を大幅に削減し、顧客のニーズにあった営業手法にシフトしました。その結果として、数倍の実績を出すなど、多くの成功事例が生まれています。

続きを読む

RaaSとは?他社事例からみる小売業界における新しいビジネスの形

新型コロナウイルスは、人々の生活を大きく変え、また各業界のビジネスにも大きな影響を与えました。既存ビジネスからの脱却し、新しいビジネスモデルを形成する、すなわちDX=デジタルトランスフォーメーションを本格的に始動させるきっかけになった企業も多いのではないでしょうか。

続きを読む

【業界別】ビッグデータの最新活用事例

IoT技術の発達、モバイル等のデバイスやSNSの普及に伴い、昨今ではあらゆるデジタルデータが急速に増え続けています。そして、この膨大なデータをビジネスにおいても活用することが、企業競争力を高めるとして注目されています。

続きを読む

BOPIS(ボピス)とは?コロナ禍で普及が進む店舗受取サービス

近年、日本でも導入が増えているBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)、店頭受取サービスに注目が集まっています。コロナ禍を背景に、店頭での滞在時間をなるべく短くしたいという消費者心理からも、非常に好評なようです。皆さまも実際に使ったことがある店舗やサービスがあるのではないでしょうか??
海外での事例も踏まえながら、日本の事例についてもご紹介したいと思います。

続きを読む

コロナ禍で消費行動はどのように変化した?〜ネットショッピング、飲食業、スーパー、小売業、エンタメ業界〜

長引くコロナの影響によって消費者の心理ならびに行動は大きく変化しています。そして、その変化をいち早くキャッチし、消費者ニーズを各企業のビジネスへ反映させること求められています。この機会にビジネス変革を成し遂げた企業ではコロナ禍においても成長が見られているのも事実で、多くの企業ではコロナ対策を軸とした変革が起きています。

続きを読む

食品仲卸業界のDX〜取り組み事例と日本のDX補助金制度〜

近年、多くの企業がイノベーションやデジタルテクノロジーを駆使して、既存製品の付加価値を再構築したり、蓄積したデータをもとに新規事業の立ち上げを行なっています。

数あるビジネストレンドの中でも、世界中で注目を浴びるのが「DX(デジタルトランスフォーメーション)」です。

続きを読む

データサイエンスとは?定義、必要スキル、仕事内容、活用シーンを解説

データサイエンスは世界でも注目を集め、聞き慣れている人は多い一方で、様々な分野にまたがる学問でもあり単純に理解するのが難しいです。

今回はデータサイエンスの概要を分かりやすく解説し、データサイエンティストの仕事内容を絡ませながら、データサイエンスについての理解を深めていきます。

続きを読む

【チェリーピッカー対策】店舗のリピートにつながらない理由と対策

特売品だけを購入して帰ってしまい、小売店を悩ませ続ける存在、「チェリーピッカー」。

多くの店舗は特売品によって「ついで買い」を促すことで、リピーターを増やしています。だからこそ、この戦略が機能しなくなると、マーケティング戦略自体の見直しを図る必要性が出てきてしまうのです。

続きを読む