提案書をグレードアップ!商用利用OKの高品質無料イラスト素材サイト5選

こんにちは、マーケティンググループです。
社会人になってから数十年。今まで、さまざまな提案資料を作ってきました。わかりやすく情報を伝えるためには、文章に加え、相関図や、システムの画面イメージなど、図にまとめることも重要です。

しかし、イラストを一から描くのはとても大変。かといって、毎回デザイナーに依頼をする時間もお金もない!

そんな時によくお世話になるのが、フリーイラスト素材サイトです。本当に無料なの!?とびっくりするほどクオリティの高いイラストがたくさん。

今回は、そんなありがたい無料イラスト素材サイトをご紹介します。
クール、かわいい、アナログ風、シルエット系、など、提案内容の雰囲気に合わせてぜひ。

なお、画像の使用については各サイトの規約を必ずご一読ください。

Icon rainbow

icon-rainbow.com

icon-rainbow.com

その名のとおり、アイコンがたくさん。なんと下記の調整がサイト上で可能な親切設計。
色変換やリサイズする手間が省けるのでとっても便利です。
・サイズ(16px・32px・48px・64px・128px・256px・512px)
・色(RGBA形式で好きな色/透明度を選択可能)
・ファイル形式(PNG形式・JPG形式・SVG形式)

icon-rainbow_movie

操作例。マウスでポチポチ選択するだけで画像編集できます

TopeconHeroes

TopeconHeroes.com

TopeconHeroes.com

どこにリンクを張ればよかったのかすごく迷いました。。。TopeconHeroesプロデュースの素材サイト(キャプチャは花・植物イラスト「Flode illustration」のリンクページのもの)。一種類だけじゃなくてものすごいジャンルを別サイトで展開されています(サイト同士は相互リンクが張られています)。もはやイラストの百貨店。

シルエット素材飾り枠人とピクトグラムフキダシ素材矢印花・植物イラストネットショップ素材ループ・BGM素材飾り線素材フラットアイコンクリスマスetcパターン背景アイコン街イラストリボン素材鳥獣戯画

いらすとや

いらすとや

いらすとや

TVどころかその辺のお店や自治体のポスターまでも利用されている素材の雄。ふんわり温かみのあるイラストと季節ごとのイベントからニッチな時事ネタまで幅広くカバーされています。特に使うあてがなくても、イラストを見ているだけでも楽しい。(商用利用は20点まで)

AutoDraw

autodraw

AutoDrawの画面。マウスで絵を描くと推測してイラストの候補を出してくれる。

Googleが提供開始した、機械学習ベースのお絵描き支援ツール。画面上のキャンバスにマウスなどでイラストを描くと、機械学習が働き、近しいイメージの画像を推測してプロのイラストレーターの画像を複数候補として出してくれます。提案された画像を選択するとキャンバス上に表示。色変更はもちろん、さらに描き加えて新しい画像を検索・追加し、複数の画像素材を使用した一枚絵を作ることもできます。作った絵の登録も可能。絵を描く技術がなくても絵が描けてしまう恐ろしいサービスです。

イラストAC

イラストAC

イラストAC

約20万点(!)のフリーイラスト素材提供サイト。「ほしいものがどこにもない…」と素材集めに困ったときの最後の砦。さまざまなテイストのイラストが用意されています。会員登録後、使用できます。

新OS 新機能と開発考慮について(Android Oreo / Ver.8.00)

Googleが8月22日に正式発表した最新モバイルOS「Android 8.0 Oreo」。今回もさまざまな機能追加がありました。本記事では、本バージョンから使えるようになった新機能に加えて、開発する際の注意点をまとめました。アプリのアップデートなどにご参考になれば幸いです。

続きを読む

新OS 新機能と開発考慮について(iOS11編)

こんにちは、マーケティング部です。

日本時間9月20日、Apple社がiOS11を正式リリースしました。iPhone8とiPhone8Plusについてはすでにお手元にある方も多いのではないでしょうか。

既存OSとの違いはもちろんたくさんありますが、本記事ではiO11の新機能と開発で考慮する点にフォーカスを当ててご紹介します。すでに自社アプリをリリースしている方など、新OSへ対応する際の注意点として、お役に立てば幸いです。

続きを読む

サービスデザインが必要な理由

ノート画像

受託開発とデザイン。
意外な組み合わせと思われるかもしれません。

しかし1998年より受託開発を主要事業として行ってきた私達は、もはや切っても切り離せないものだと考えています。サービスデザインを理解せずに開発を進めたところで、使われないサービスになることが目に見えているからです。

続きを読む