【業界別】ビッグデータの最新活用事例

IoT技術の発達、モバイル等のデバイスやSNSの普及に伴い、昨今ではあらゆるデジタルデータが急速に増え続けています。そして、この膨大なデータをビジネスにおいても活用することが、企業競争力を高めるとして注目されています。

続きを読む

BOPIS(ボピス)とは??コロナ禍で普及が進む店舗受取サービス

近年、日本でも導入が増えているBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)、店頭受取サービスに注目が集まっています。コロナ禍を背景に、店頭での滞在時間をなるべく短くしたいという消費者心理からも、非常に好評なようです。皆さまも実際に使ったことがある店舗やサービスがあるのではないでしょうか??
海外での事例も踏まえながら、日本の事例についてもご紹介したいと思います。

続きを読む

データサイエンティストの仕事から紐解くDXを促進するビッグデータの活用

「ビッグデータの活用」は企業にとって有益なビジネスインサイトが得られるという漠然としたイメージがありますが、データの分析にはさまざまの専門知識や時間、コストがかかります。

DXが注目される中、データを活用したビジネスへの転換を考える企業も、その難易度の高さに導入のハードルが高くなっています。

続きを読む

何から始めればDXは推進するのか?経済産業省DX推進ガイドラインを簡単解説

DX推進

もはやバズワードとなったDX(デジタルトランスフォーメーション、以下DX)。以前からこの流れは起きていましたが、新型コロナ感染拡大によって、その勢いは一気に加速しました。とは言え、多くの現場担当者は具体的に何から始めれば良いのかが分からなかったり、多くの課題に直面している状況です。

続きを読む

コロナ禍で消費行動はどのように変化した?〜ネットショッピング、飲食業、スーパー、小売業、エンタメ業界〜

長引くコロナの影響によって消費者の心理ならびに行動は大きく変化しています。そして、その変化をいち早くキャッチし、消費者ニーズを各企業のビジネスへ反映させること求められています。この機会にビジネス変革を成し遂げた企業ではコロナ禍においても成長が見られているのも事実で、多くの企業ではコロナ対策を軸とした変革が起きています。

続きを読む

営業にタブレットを導入するメリット

近年営業マンがタブレットを利用して営業活動を行うことは珍しくなくなっていますが、従来から紙資料で営業を行ってきたスタイルをいきなり変えるのをハードルと感じる人も少なくないでしょう。

続きを読む