アプリ

Flutter開発の特徴とメリットを国内事例と共に紹介

「アプリ開発」と一言で言っても、その対象OSは大きく分けるとAndroidとiOSがあります。これまで、AndroidとiOSそれぞれのOSに対応するプログラミング言語を使い、それぞれでアプリを開発する必要がありました。

しかし、近年では「クロスプラットフォーム」というフレームワークを活用し、1つのコードでAndroidとiOSの両OSに対応したアプリを開発することができます。

続きを読む

ASO対策(アプリストア最適化)とは?アプリインストール数を最大化する7つのポイント

アプリ開発に多額な資金を使っても、ユーザーに利用されなければ意味がありません。アプリは作成して、アプリストアに掲載するだけではインストールされません。また近年は、世の中に多くのアプリが溢れかえっており、ターゲットユーザーに正確にアプリを届けることが難しくなっています。ダウンロード数が思うように伸びず悩んでいる担当者の方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

店舗アプリの導入効果とメリット・デメリット

店舗を構える小売業における集客のデジタル化は時代によって変化が生じています。現在では、スマートフォンの普及により、マーケティング施策も多様化していると言えるでしょう。

店舗が顧客とリテンションを築く方法として、自社サイトやポータルサイト、メルマガ、SNSによるリテンション構築ももちろん重要ですが、今はスマホ特有の機能を最大限に生かした店舗アプリも増えています。

続きを読む

米エンタメ業界注目の事前健康チェックアプリ「Health Pass」とは?

エンタメ業界では、コロナの影響でリアルに行うライブや大規模のイベントなどが相次ぎ中止されており、大きな打撃を与えています。

日本では、まだワクチンの接種が始まったばかりですが、ワクチン接種が進むアメリカでは人口のおよそ3人に1人が、すでにワクチン接種を完了し、さらにワクチン接種完了者には原則マスクが不要になるとの発表もされ、新たな生活がスタートしようとしています。

続きを読む

モバイルファースト時代の銀行・保険・証券アプリ改善のコツ

FinTech(フィンテック)という新たな潮流が生まれている今、多様なサービスをユーザーに提供する目的で、銀行をはじめ保険や証券など、多くの金融業界の企業がアプリの開発に取り組み始めています。

しかし、自社アプリのレビューを見たとき、「顧客満足を獲得できている」と自信をもって言える企業は決して多くはないはず。

続きを読む

外注前に知っておきたい!アプリ開発の流れを1から解説

最近では1人1台のスマートフォンを所持しているのが当たり前となり、ほとんどの人が毎日複数のアプリを使いこなしています。

そんな中、ユーザーの役に立つスマホアプリや、ユーザーとのコミュニケーションを強化するアプリを開発してみたいと考える個人や企業もいるでしょう。

続きを読む