【外勤スタッフ・ルート営業向け】位置情報付き社内コミュニケーションツールまとめ

業務効率化を図る上で多くの企業が導入している社内コミュニケーションツール。

無料で導入できるものも多く、種類が豊富でどれを選ぶか迷ってしまいます。

しかし、社内コミュニケーションツールの中でも「位置情報」まで共有できるものがあることをご存知でしょうか。

続きを読む

RFIDとは?仕組みとバーコードとの違いを解説!

RFIDは、製品や商品に「RFタグ」と呼ばれる情報が格納されたタグを貼り付け、専用のリーダライタを使って読み込みや書き込みをするシステムです。

最近では、商品にRFタグを貼り付けることにより、商品の持ち出し防止策として使われることが一般的になりました。施設の出入り口にRFタグ探知機を置いておけば、RFタグが通過する際に反応させられるためです。

続きを読む

日本国内の企業が開発!国産AI 11選

AIは、人間の行動の一部をコンピューターに落とし込んだものです。

近年では、ディープラーニング技術の発達や、データ取り込みのスピード向上、ハードウェアの低価格化などの要因により、AIがそれぞれの分野で使用されはじめました。

続きを読む

データマイニングと分析手法と予測モデル 〜Facebook Prophetで未来を予測〜

人工知能やIoTの要となる「データ」。今やビッグデータ、データ分析、データマイニングといったことに何かしらの形で関わったことのあるビジネスパーソンが多いのではないでしょうか。

本記事では、データマイニングや活用されるデータ解析手法、予測モデルについて解説し、Facebookのオープンソース予測モデル「Prophet」を弊社のデータアナリストが使ってみた結果をご紹介します。

続きを読む

フォークリフトの稼働効率はどう改善する? コスト削減に繋がるIoTの取り入れ方

物流倉庫、工場、建設現場などで製品や部品、資材などを日々大量に運搬しているフォークリフト。

日本国内に現在100万台あるといわれていますが、IT化が叫ばれる昨今もフォークリフトを使った作業にはまだアナログな部分が多く、コスト削減や効率の改善の余地が多く含まれています。

続きを読む

顧客とのコミュニケーションに使う「LINE@」徹底解説

メッセージアプリのLINEは堅実にユーザ数を伸ばしており、日本国内ではもはや生活のインフラであるかのように日常的に一般ユーザに利用されているサービスです。

最新のLINE株式会社によるレポートによると2018年時点の国内ユーザーは7,800万人となり、LINEを1日1回以上利用するアクティブ率は72.0%と非常に高い数値で、幅広い年齢層に利用されています。

続きを読む

【2019年前半開催】店舗販促・集客関連の展示会・セミナーイベントまとめ

実店舗、施設、地域など、あらゆる”リアル”の場における販促・マーケティングはデジタル施策が絡むことが増え、様々な新しいトレンドや成功事例が生まれ続けています。

最新情報は各種メディアや口コミなどでも入手できますが、展示会やセミナーイベントで成功企業やソリューション提供企業から直接話を聞くのもおすすめです。

続きを読む

インバウンド対応!外国人観光客が使う決済手段を解説

昨今、外国人観光客を街中で見かけるのは珍しくなくなりました。

日本文化・日本製品が注目を浴びたり、円安が進んだり、海外旅行が身近になったりと、観光客が増えた要因は様々です。

そして、増え続けている訪日外国人観光客による消費は、もはや無視できない状況になってきています。

続きを読む