【出展レポート】日経 xTECH EXPO 2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2018年10月17日〜19日の3日間に渡って東京ビッグサイトで開催された、日経BP社主催の「日経 xTECH EXPO 2018」。

エンタープライズICTからIoT、FinTech、ビジネスAI、建設テック、働き方改革など、10のテーマを元に様々な企業が各社最新のソリューションや事例を紹介しました。

 

3日間で合計76,608名の来場者で会場が賑う中、弊社は今回「IoT Japan」コーナーにブースを設け、たくさんの方々にお立ち寄りいただきました。

ご紹介したソリューション

今回の展示会でテックファームは「なんでもかんでもトラッキング」をテーマに3つの位置測位ソリューションをご紹介しました。

±10cmの高精度リアルタイム位置測位『MoL with Quuppa』

最も注目を浴びたのは、屋内のモノ・人を誤差10cm程度で位置測位できる『MoL with Quuppa』でした。

ブース内には測位するQuuppaのロケーターを設置し、タグを用いて実際の動きをご覧いただけるデモを行いました。

配布チラシ(クリックすると拡大します)

より詳細な資料はこちら

野外に強いデバイスで実現する車両管理

農場や工業地帯、工事現場、空港、レジャー施設など、業務車両を扱うあらゆる環境の敷地に適した位置管理システムです。

ブースでは、車両に取り付けるデバイスの実物とデモ画面をご覧いただきました。

配布チラシ(クリックすると拡大します)

業務効率を上げる外勤管理システム『Q-GO!』

外勤スタッフの位置情報とタスク状況を管理することで、急なアサインを要する際でも、最適な人材を派遣することを可能とするシステムです。

スタッフに持たせるスマホアプリ及び管理者が操作する管理画面をブースでご紹介しました。

配布チラシ(クリックすると拡大します)

詳細ページ・資料ダウンロードはこちら

 

各種ソリューションにつきまして、ご不明点やデモのご依頼等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

>>お問い合わせ先<<