音声プラットフォーム

音声入力を、もっと使いやすく

『Siri』や『しゃべってコンシェル』などで注目されるスマートフォンの音声アシスタント機能。近年、若者やフリック入力が難しい高齢者を中心に利用が高まっており、5割以上の人がスマートフォンの音声入力機能を使用したことがあるという調査結果もあります。

このように利用意向が高まっている音声認識ソリューションに関して、テックファームでは辞書作成ができる音声認識バックエンドサービス『vBaaS』を提供しています。

業務効率UPに貢献する『vBaaS』

スマートフォンは、OSアップデートのたびに音声認識の精度を高め、今ではほぼ正確な文字入力が可能になりました。しかし、漢字やカタカナの文字変換についてはまだ改善の余地があります。

『vBaaS』は、辞書登録機能によってこの問題をフォロー。音声入力では変換されない(変換しづらい)単語を辞書サーバーに登録することで、誤変換の発生率を抑えることができます。

ユーザーが頻繁に使用する言葉や固有名詞、人名などに加え、業界特有の専門用語なども登録しておくことで、既存の音声認識エンジンのような誤変換を減らし、業務効率を高める効果が期待できます。

『vBaaS』の活用例

  • 音声認識による入力補助

    名前、住所、金額、郵便番号など、アプリでの文字入力が面倒な項目の入力補助として『vBaaS』を活用。ユーザーのストレスを軽減することで、エントリーフォームの離脱抑止やCVR向上が期待できます。

  • 音声認識によるスマホ操作

    料理中で手が汚れている・濡れている場合や手袋着用中などでも、『vBaaS』の音声コマンドによりスマホの操作が可能になります。

  • 音声認識と音声合成による会話型インターフェース

    スマホ操作などに慣れていない高齢者向けサービスなどのインターフェースに『vBaaS』の音声認識や音声合成を活用。より人間的な双方向型の情報伝達や、対話誘導による問診対話などの情報収集を可能にします。

まずはお気軽にご相談ください

新規ITサービスの立ち上げや、既存ITサービスの改善でモヤモヤしていることがあればお気軽にご相談ください。

問題やモヤモヤの原因を見つけ出し、解決方法のご提示と、解決手段をご提供いたします。