トップページ > 製品・サービス > 【IoT】製造業向け IoTソリューション

【IoT】製造業向け IoTソリューション

工場や倉庫など、ものづくりの現場の課題解決策

mfc

こんなことでお困りではありませんか?

  • 広い工場内で備品や人の位置がわからなくなってしまう

  • 稼動状況が可視化できていない

  • 業務改善をしたいがやり方がわからない

これらのお悩みを『MoL(モル)』が解決します。

IoTプラットフォーム『MoL』について

 『MoL(モル)』は、製造業向けに最適なIoTプラットフォームです。本プラットフォームは、人やモノがもたらす情報を収集し、インターネットを経由してサーバに蓄積、その情報から状況を把握したり、傾向分析したりするといったIoTとして期待される基本的な機能を提供することが可能です。
 また、MoLがサポートするBeacon(※1)端末を利用した場合、管理サーバからBeacon端末自体を起動・停止したり、Beacon端末が発信する電波強度を変えたり、Beacon端末を経由してスマートフォンに向けて情報を配信したりといった一連の操作を遠隔で制御ができる為、工場や倉庫などの広いエリアに複数設置する場合の管理・運用に最適です。加えて、Beacon端末自体は電池で駆動する為、設置に必要な配線設備が一切不要です。

 

※1:Bluetooth 信号で位置情報などを発信する端末。一定の距離にスマートフォンが接近するとプッシュ通知をするなどの活用方法があります。

 

詳しい製品仕様は、こちらを参照下さい。

製造業に向けた 『MoL』の活用シーン

 人・モノ探し

 探したい人またはモノに発信型のBeaconを持たせ、それを検知する受信Beaconを測位したいエリアに配置することで、人が今どこにいるのか、探したいモノがどこにあるのかをほぼリアルタイムに把握することができます。
 テックファームの受信Beaconは電池で駆動する為、電源の配線コストが不要なうえ、受信Beacon自体がネットワークを自動形成するメッシュネットワーク(※2)を実現しており、例えば中継するBeaconに故障が発生したとしても自動的に別の受信Beaconを迂回してネットワークを維持する為、より安定したサービスを提供することができます。

 

※2:2網の目(mesh)状に形成された通信ネットワークのこと。

 

 工程管理

 各作業工程の開始・終了時に作業者がボタン型Beaconを押下、Beaconを経由して押下した位置や時刻などの情報をサーバーに蓄積します。この蓄積するデータによって、工程内で費やす時間の内訳がわかり、各作業スタッフの生産性の可視化、生産性の分析が可能になります。

Sol_002

 

 導線分析

 分析したい人またはモノに発信型のBeaconを持たせ、それを検知する受信Beaconを測位したいエリアに配置することで、人やモノがどういった経路で移動しているかを把握することができます。
また、蓄積された人やモノの位置情報を分析することで、資材置き場の配置変更や建物の出入り口の新設、生産ラインの稼動時刻調整といった具体的な業務改善を実施することが容易になります。

 

他社とは違う『MoL』のBeacon

┗ 複数のBeaconを遠隔で監視・コントロールできる!

 Beacon端末自体の起動・停止、発信する電波強度の設定を遠隔で一括変更できるだけではなく、Beacon端末の故障状態も遠隔監視することができるので、工場や倉庫など広いエリアに複数のBeaconを設置する場合の管理・運用が最適です。

 

┗ 広いエリアをカバーできる!

 Beacon端末同士がネットワークを形成する為、Beacon端末どおしがつながってさえいればゲートウェイに直接つながっていなくても別のBeacon端末を経由してデータの送受信を行うことができます。
これにより、ゲートウェイ一つで広いエリアにBeaconを設置することができます。

 

┗ ネットワークが途切れない!

 Beacon端末自体がメッシュネットワークを形成する為、例えば、接続しているBeacon端末が故障した場合でも、別の接続しているBeacon端末を自動的に迂回してネットワークを維持するため、継続性の高いサービスを提供することができます。

 

カテゴリ プラットフォーム
目的

コスト削減

効率化

ソリューション

インフラ

本製品・サービスについてのお問い合わせ

【IoT】製造業向け IoTソリューションについては、こちらからお問い合わせください。

※各社の社名、製品名、サービス名及びサイト名は各社の商標又は登録商標です。

※当社サイト内に記載されている社名、製品名、サービス名及びサイト名には、必ずしもすべてに商標表示(®または™)を付記していません。