位置情報

ビーコン活用失敗事例から紐解くIoT成功の秘訣

工場や建設現場を皮切りに、様々なシーンで導入が進むIoT。BLEビーコンやRFID、画像、超音波、温度、湿度、照度など様々なセンサーの技術の進化は、品質向上や業務効率化に新たな可能性を生み出しています。

しかし、本格的な導入には至らず、実証実験段階で失敗・成功を繰り返し足踏みしている企業も多いことも事実。

続きを読む

IoTで業務改善!物品管理を効率化する2つの方法

探しているモノが見つからない、使いたいけれど誰かが使っている…といったこと、業務中によくありますよね。

リクナビの調査によると、勤務中の探し物に年間150時間を費やしているというデータも。もちろんモノを探している時間は、業務ができないので非生産的です。

続きを読む

【外勤スタッフ・ルート営業向け】位置情報付き社内コミュニケーションツールまとめ

業務効率化を図る上で多くの企業が導入している社内コミュニケーションツール。

無料で導入できるものも多く、種類が豊富でどれを選ぶか迷ってしまいます。

しかし、社内コミュニケーションツールの中でも「位置情報」まで共有できるものがあることをご存知でしょうか。

続きを読む

フォークリフトの稼働効率はどう改善する? コスト削減に繋がるIoTの取り入れ方

物流倉庫、工場、建設現場などで製品や部品、資材などを日々大量に運搬しているフォークリフト。

日本国内に現在100万台あるといわれていますが、IT化が叫ばれる昨今もフォークリフトを使った作業にはまだアナログな部分が多く、コスト削減や効率の改善の余地が多く含まれています。

続きを読む

IoT導入で失敗しないための3つのポイント

IoTは先進的な技術であり、さまざまな面で注目を浴びています。世の中の流れに乗り遅れないようにするため、プロジェクトにIoTを採用したいという企業も多いことでしょう。

しかし、せっかくIoTを導入しても失敗することもあります。成功に導くには、適切なプロセスを踏むことが重要です。

続きを読む

屋内の人やモノの位置はどう把握する?屋内測位の手法まとめ

レジャー施設やビル、駅などでスマホのマップを広げても、正確な現在地が表示されないということがあります。

実はこういったときに使用されるGPSの機能は、人工衛星の電波を受信して使用されるため、屋外での位置測定には活用できるものの、屋内となると計測が難しくなるのです。

続きを読む

【初心者向け】ビーコンとGPSの違いとは?分かりやすく解説!

昨今位置情報を活用したソリューションが世の中を賑わせていますが、中でも現在よく使われるBeacon(ビーコン)。

2016年に劇的に流行り始めたPokémon GOや最近公開された、革新的な無人スーパーAmazon Goにも採用されていると言われている位置情報を特定する機能です。しかし、位置情報と言えばGPSを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

続きを読む